玄関の古い下駄箱を撤去

手をつけていなかった玄関のリフォームを開始しました。

古いつくりつけの下駄箱がついていたのですが、思い切って撤去してしまいました。

↑今の状態。かなり広くなりました。

下駄箱自体はしっかりしていたのですが、扉が開きにくくなっていて使いづらかったのです。

中の作りも、今持っている靴に合わないから収納力もイマイチ。

折り畳みの傘とか、庭で使うハサミなどがゴチャゴチャに入った物置状態になっていたのです。

外出用の靴はクローゼットに収納したいと思っていたので、玄関に置く靴はサンダル2足と近所で日常的に履くものだけにするつもりです。

*クローゼットに靴を置く記事はこちら

クローゼットに靴を並べたかった

この後、壁は左官屋さんに珪藻土を塗ってもらって仕上げていきます。

後、収納はアンティーク家具を置きますが、それについての記事は後ほど。

 

玄関のドアも冷気が来るので、エコなものに変えたいのですが、それはもう少し後になりそうです。一度にやるとキリがないですからね。

 

後、こちらの照明はレトロな雰囲気が残っているので、残すことにしました。

 

玄関には出来るだけ物を置かないように頑張ります!

 

参考になる本

リノベーションでつくる古さを生かしたレトロな家 (私のカントリー別冊)